保育園 スカイ・ウイング

保育理念・方針・目標

年齢ごとの保育目標

  • 生理的欲求を満たした、生活リズムをつかむ。保育者や周りの環境が安心できることを理解し、安心した気持ちで過ごす。

  • 安心できる保育者との関係の下で、自分でしようとする気持ちが芽生える。

  • 基本的生活習慣を身につけ、自分の思いを言葉で表現できるようになる。

  • 基本的生活習慣が身につき、楽しく生活する。保育者や友達と遊ぶ中でルールを覚え、友達と関わり相手の気持ちを考えながら楽しく遊ぶ。

  • 豊かな情操教育を通して、子どもたちが現在を最も良く生き、未来を創り出す力の基礎を培う。

  • 集団生活の中で意欲的に活動し、新しい知識や能力を獲得する。生活や遊びの中で一つの目標に向かい力を合わせて活動し、達成感や充実感をみんなで味わう。

スカイ・ウイングのテーマは“あきらめない”です。

当園の“生きる力を育てる保育”の源といえる考え方、テーマとしているのが“あきらめない”です。
平成12年11月13日にスカイ・ウイングが開設する際、核家族化が進みおじいさまやおばあさまなどの家族が近くにいなく、ちょっとした買い物や病院に行きたくても、子どもを見ていてくれる人や頼れる人がいないことで、困られている方が多くいました。何とかお力になりたいとの思いから、一時預かりの時間制保育室を開設しました。

今では当たり前の一時預かりも、当時は“親の怠慢だ”、“親の育児放棄につながる”など、いろいろなご批判を頂きました。しかしながら現場で働く私たちは、一人で子育てをしている母親のつらさや少しの間でも預かってもらうことで、ストレスから解放される保護者の方がいることを知っていました。心ない方の中傷に負けず“あきらめない”という気持ちと保護者の方のご理解・ご支援、こどもたちの笑顔に支えられ今日があります。

正しいと思っていても続けていくこと、理解されるまでの大変さを知っています。あきらめないで続けてきたことが、今のスカイ・ウイングの姿だと思っています。
鶴見のビルの中にあるスカイ・ウイングは土地がないので園庭がなく、プールを行う場所がなく、そんな環境の中で子どもたちにプールや水遊びをさせるのは、場所がないから「仕方ない・仕様がない」とあきらめてしまうのが普通だと思います。
しかし、スカイ・ウイングは“あきらめない”室内に防水ボードをいれ、排水路・排水溝を取り付け、大型プールを導入し日本初!?の“室内園庭”をつくり園児さんがプールや水遊びのできるスペースを確保しました。発想の転換・創意工夫もスカイ・ウイングの考え方のひとつです。あきらめず、ねばり強く!非常識を常識に変えて、夏はプール・冬は室内園庭でボールプールを楽しんでいます。
  • 20年度に新たに入ったクワガタの大型遊具。子どもたちに大人気!

  • 代替画像

    クワガタの中はすべりだい!

  • みんな大好きボールプール

  • あわあわプール(バブルプール)について

    みなさんが、子どものころ、お風呂を沢山のあわでいっぱいにして遊ぶ、また、遊んでみたいと思ったことはなかったでしょうか?
    お家でそんなことをすると怒られてしまった、叱られるのでやらなかった・・・・という経験はなかったでしょうか?

    楽しいことだけどお家ではなかなかできない経験をしてほしいと思いスカイ・ウイングでは毎年プールを泡一杯にして楽しんでいます。

仕事をしていると仕方なく保育園に預けるしかないとお考えの方が多いことから、“あきらめない”がテーマのスカイ・ウイングは、平成15年4月1日に幼稚部を開設し、新幼稚園教育要領をベースに幼・保一貫をいち早く行っております。
開設当初から大変ご好評をいただいております。幼稚部では、お子様の健やかなる成長のためにいろいろな取り組みを行っております。教養だけではなくボランティア活動などを通して、子どもたちと一緒に自然や環境の大切さを学んでおります。
  • きれいにし隊の活動。鶴見川沿いのゴミを拾いお花の種や苗を植えます。

  • 代替画像

    春は菜の花、夏は向日葵。きれいなお花は皆を笑顔にしてくれます。

  • お花の終わった後片付けをして、種をまきます。

  • 自然・環境:総持寺探検(春)

  • 代替画像

    お外で水遊び

  • 文字や数字だけじゃなく、自然・環境のカリキュラムも豊富。

自分たちで育てたお野菜はみんなでおいしく頂きました。今年も落花生がたくさんとれました。
プランターでもトマト、ナス、ピーマン、枝豆、ゴーヤ、沢山のお花いろいろなものが育ち収穫できます。
自分たちで育てたお野菜は格別の味がするようです。
仕事をしていると、習い事につれていけない・・・・そんな父兄や子どもたちのために、0歳から英会話レッスンをネイティブ講師(母国語が英語の先生)が、歌やダンス・手話などを取り入れながら行っております。

また、2歳児からは通常クラスレッスンの他に課外レッスンとして、英会話教室・カワイ体育教室レッスン・ピアノ教室を行っております。保護者の方が、仕事をしているから・・・で“あきらめない”でほしい子どもの未来。少しでもお役にたてれば嬉しいです。今後課外レッスンとしていろいろな教室と提携を考えております。
  • 3歳からはカワイ体育教室の専任講師が指導。

  • 毎週保育時間内に0歳から英語レッスンがあります。

  • 22年度のハロウィンパーティの様子。

  • 室内園庭でプールやボールプール、滑り台などを楽しめるようにはなりましたが現代の子どもたちの体力の低下(とくに腕力)は、年々下降傾向にあるようです。
    体を思いっきり動かす体操や体育を公園や川沿いで行っていても、お天気によって左右されてしまうことや、日によって公園が使用できないこともあり、もっと楽しく子どもたちが遊びながら体力がつけられれば・・・でも園庭がない・・・・

    でも!スカイ・ウイングは“あきらめない”21年度に新たな試みに挑戦しました。
    22年5月に完成いたしましたホールです。(※写真資料:お店屋さんごっこの様子)

    このホールには沢山の思いが込められています。
    青空のもと土の上で木に囲まれのびやかに遊ぶ子供たちをイメージして作りました。

ロッククライミングは、岩をモチーフに崖を登るイメージで今日よりは明日、明日よりは明後日・・・と、より高く上れるように挑戦する子どもたちが、達成した時の喜びを味わえる当園人気の遊具です。

一番上のパーツは半漁人・イルカなど他のパーツと違い子どもたちが「触れたー!!」「やったー!!」と歓声を上げながら達成した喜びを味わえるようにしてあり、努力した自分へのご褒美にもなっているようです。

昔の子どもはわざわざ体力づくりをしていませんでした。今の子どもたちにも遊びながら自然に体力がつく環境があれば、きっと楽しいと思います。そしてその環境を作る楽しさを昔の子どもだった私たちは知っています。そんな思いがこのホールです。
  • てっぺんにある半漁人とイルカ

  • 代替画像

    ここに触れるかな~?

  • あともう少し!がんばれー!

  • 平成12年度に開園したスカイ・ウイングも、早いもので10周年を迎えることができました。それを記念して22年度も新たな試みに挑戦しました。

    スカイ・ウイング10周年祭りのおこなわれる開園記念日の平成22年11月13日(土)に完成するように、各会社様のご協力の下、建設は非公開に行い、子どもたちへのサプライズプレゼントにしました。
    10周年記念祭り当日にお披露目しました。子どもたちの嬉しさ一杯の笑顔に、私たちもとてもうれしくなりました。

長年の夢だった屋上に園庭を作り、船を乗せる…
この夢のような話は、当初「無理だ」「あり得ないことだ…」と色々と言われ、笑われました。しかしながら、そんな夢のような話を真剣に聞き、夢を現実にしようと、沢山の方のご理解ご協力により完成いたしました。一人の力だけでは、成し遂げられないことでも一人ひとりの力を合わせれば、大きな海のような力となる。だからあきらめずに、負けそうになる自分の気持ちに勝ち続けよう!そんな思いから、この船の名前を決めました。

“WIN ONE SEA 號”と名付け、願い続ければ、夢は必ずかなう!スカイ・ウイングのシンボルとして子どもたちに夢と希望と勇気を与えてくれることを願っております。
  • 10周年式典・お祭

    2010年で保育園スカイ・ウイングも10周年を迎えました。記念式典・お祭りの様子。

  • スカイ・ウイング10周年!

  • 代替画像

    屋外園庭と大型遊具の安全祈願をして頂きました。

  • 長年の夢だった大型遊具!子どもたちもとても喜んでいます。

  • 祝演舞・月組(鳴子体操)

  • よさこいソーラン スカイ・ウイング2010ペガサス組

  • 手作りお神輿を担いで園の周りをねり歩きました。

いろいろと書かせていただきましたが、この18年の間すべて順風万端に事が運んだわけではありません。思いが先行しての失敗や理解していただけないことでのお叱りなど、何度も逆境に立たされ、くじけそうになったことも沢山ありました。
涙を流すことも度々で、不安に思うことや心配に押しつぶされそうになったことも数え切れないほどあります。それでも、「先生だーいすき♡」と言ってくれる子どもたちの笑顔や「先生ありがとうございます。」と言ってくださる保護者の方の言葉や思いに支えられ今日のスカイ・ウイングがあります。

自分一人では苦難から逃げ出して 諦めてしまったかもしれませんが、ともに悩み、ともに苦しみ、ともに笑ってくれる職員や地域の方々、保護者の方々、子どもたち・・・・・・そんな方々の思いに支えられ“あきらめない!!”スカイ・ウイングの今の姿があります。

これからも沢山の子どもたち、保護者の方々とかかわりを持っていくと思います。保育園に来てくださる多くの方々はいろいろなご家庭の事情や様々な思いで日々を過ごしていることと思います。それでも、“あきらめないで”少しでも前に進むお手伝いができれば私たちも嬉しいです。
ともに泣き、ともに考え、ともに笑うことのできる場所。それがスカイ・ウイングの目指す場所です。そうなれるように初心を忘れず日々努力し邁進していきたいと思っております。これからも“あきらめない”を続けていきたいと思います。
  • 町内会の皆様のご厚意で毎年、山車を引かせていただいています。

  • 職員みんなで船の上で記念写真を撮りました。